WCAG 2.0 解説書

本文へジャンプ

-

一貫した識別性:
達成基準 3.2.4 を理解する

3.2.4 一貫した識別性: ウェブページ一式の中で同じ機能を有するコンポーネントは、一貫して識別できる。 (レベル AA)

この達成基準の意図

この達成基準の意図は、ウェブページ一式で繰り返して表示される機能的なコンポーネントを一貫して識別できるようにすることである。ウェブサイトを操作する際にスクリーンリーダーを使用している利用者は、複数のウェブページで使われている機能に馴染みがあるかどうかに大きく依存している。全く同じ機能が、複数のウェブページ毎に異なるラベルを付けられている場合、そのウェブサイトはかなり使いづらいものになってしまう。それは、認知的限界のある人々に混乱をもたらし、認知的負荷を増大させてしまうことがある。したがって、一貫したラベルが役立つ。

この一貫性は、テキストによる代替にも及ぶ。アイコン又はその他の非テキスト項目が同じ機能を持つ場合、そのテキストによる代替も同様に一貫性をもたせることが望ましい。

ウェブページ一式の中で、もしウェブページに 2 つコンポーネントがあり、そのどちらも別のページにあるコンポーネントと同じ機能を持っているのであれば、3 つのコンポーネントは一貫していなければならない。よって、同じページにある 2 つのコンポーネントは一貫していることになる。

1 つのウェブページにおいて一貫性を持つことは望ましく、かつ最善の対応策だが、3.2.4 はウェブページ一式において 1 ページ以上何かが繰り返される場合の一貫性の対処である。

達成基準 3.2.4 の具体的なメリット:

  • あるサイトのあるページで機能を学習した人は、それらが存在する場合、他のページで目的の機能を見つけることができる。

  • 非テキストコンテンツが同じ機能を持つコンポーネントを特定するために一貫した方法で使用されている場合、テキストを読むことや、テキストによる代替を見つけることが困難な人は、テキストによる代替を頼りにすることなくウェブとやり取りができる。

  • テキストによる代替を頼りにしている人は、より予測可能な体験ができるようになる。異なるページに一貫したラベルがある場合、そのコンポーネントを検索することもできる。

達成基準 3.2.4 の事例

関連リソース

リソースは、情報提供のみを目的としており、推奨を意味するものではない。

(今のところ、文書化されていない)

達成基準 3.2.4 の達成方法及び失敗例 - 一貫した識別性

この節にある番号付きの各項目は、WCAG ワーキンググループがこの達成基準を満たすのに十分であると判断する達成方法、又は複数の達成方法の組み合わせを表している。しかしながら、必ずしもこれらの達成方法を用いる必要はない。その他の達成方法についての詳細は、WCAG 達成基準の達成方法を理解するの「その他の達成方法」を参照のこと。

十分な達成方法

  1. G197: 同じ機能を有するコンテンツに対して、一貫したラベル、識別名及び代替テキストを使用するかつ達成基準 1.1.1 を満たすことのできる達成方法かつ達成基準 4.1.2 を満たすことのできる達成方法に従ってラベル、識別名、テキストによる代替を提供する。

注記 1: 「一貫した」代替テキストは、常に「同一」であるとは限らない。例えば、次のウェブページへリンクするウェブページの下部にあるグラフィカルな矢印があるとする。代替テキストは、「4 ページに移動」と言うかもしれない。当然ながら、次のウェブページでそのままこのテキストによる代替を繰り返すのは適切ではない。「5 ページに移動」と言う方がより適切であろう。これらのテキストによる代替は同一ではないが、一貫しており、この達成基準に適合しているといえる。

注記 2: 単一の非テキストコンテンツのアイテムが、異なる機能のために使われることがある。そのような場合、異なる代替テキストが必要であり、用いられるべきである。チェックマーク、クロスマーク、そして交通標識などのアイコンを使用する際によく見られる例である。それらの機能は、ウェブページの文脈によって異なる可能性がある。チェックマークのアイコンは、その状況に応じて、「承認済」、「完了」、又は「あり」という意味で使われることがある。すべてのウェブページを通じてテキストによる代替を「チェックマーク」として用いても、利用者がそのアイコンの機能を理解することができない。同一の非テキストコンテンツが複数の機能を果たしている場合は、異なるテキストによる代替を用いることができる。

3.2.4 でさらに対応が望まれる達成方法 (参考)

適合のために必須ではないが、コンテンツをよりアクセシブルにするために、次の追加の達成方法を検討することが望ましい。ただし、すべての状況において、すべての達成方法が使用可能、又は効果的であるとは限らない。

  • コンポーネントの機能及びそのコンポーネントを利用者が実行したときに何が起こるかが確実に分かるようなテキストによる代替を用いる (リンク追加予定)

  • 可能な限り、特定の機能を表す非テキストコンテンツは同じものにする (リンク追加予定)

達成基準 3.2.4 のよくある失敗例

以下に挙げるものは、WCAG ワーキンググループが達成基準 3.2.4 の失敗例とみなした、よくある間違いである。

重要な用語

ウェブページ (Web page)

単一の URI から HTTP で得た埋め込まれていないリソースに加え、 レンダリングに使われる、又はユーザエージェントがこのリソースと一緒にレンダリングすることを意図しているその他のあらゆるリソースを合わせたもの。

注記 1: どのような「その他のリソース」も主たるリソースと一緒にレンダリングされるであろうが、これらのリソースが同時にレンダリングされるとは限らない。

注記 2: このガイドラインの適合範囲に含まれる対象となるウェブページとみなされるためには、リソースが「埋め込まれていない」リソースでなければならない。

事例 1: すべての埋め込まれている画像とメディアを含んだウェブリソース。

事例 2: Asynchronous JavaScript and XML (AJAX) を用いたウェブメールのプログラム。そのプログラム全体は http://example.com/mail に存在しているが、受信箱、アドレス帳、カレンダーがある。リンクまたはボタンがあり、それを押すと受信箱、アドレス帳やカレンダーを表示するが、ページの URI は全体を通して変わらない。

事例 3: カスタマイズ可能なポータルサイトで、利用者が様々なコンテンツモジュールのセットから表示させるコンテンツを選択できるようなもの。

事例 4: ブラウザで"http://shopping.example.com/" へ行くと、映画のようなインタラクティブなショッピング環境になる。そこでは、視覚的に店内を移動して、店内の棚から商品をドラッグして、目の前にある視覚的な買物カゴに商品を入れる。商品をクリックすると、同時に仕様書が浮き上がるように表示される。これは1ページだけのウェブサイトかもしれないし、 ウェブサイトの中のほんの1ページなのかもしれない。

同じ機能 (same functionality)

使うと同じ結果が得られること。

事例: あるウェブページ上にある "search" ボタンと他のウェブページ上にある "find" ボタンは、どちらもキーワードを入力するテキストフィールドがあり、そのウェブサイトにある入力されたキーワードに関係のあるコンテンツをリスト表示する。この場合、同じ機能を有しながらも、ラベルは一貫していないことになる。