WCAG 2.0 解説書

本文へジャンプ

互換性:
ガイドライン 4.1 を理解する

ガイドライン 4.1: 現在及び将来の、支援技術を含むユーザエージェントとの互換性を最大化すること。

ガイドライン 4.1 の意図

このガイドラインの目的は、現在及び将来のユーザエージェントの互換性、特に支援技術との互換性をサポートすることである。これは、1) コンテンツ制作者が支援技術の機能を損なったり (例: 形式が整えられていないマークアップ)、又は支援技術を回避したり(例: 奇抜なマークアップ又はソースコードを用いる) しないことを保証する、2)支援技術が認識して情報のやりとりができる標準的な方法でコンテンツにある情報を公開することの両方で達成できる。技術の変化は早く、支援技術の開発者が急速に変化する技術に追従していくことは大きな困難を伴うので、支援技術が容易に新しい技術にも対応していけるように、コンテンツが規則に従っていてAPIとの互換性が確保されていることが重要である。

ガイドライン 4.1 の参考にすべき達成方法 (特定の達成基準に特有ではない達成方法)

このガイドラインにある各達成基準を満たすための達成方法は、この後に達成基準ごとに挙げられている。しかし、このガイドラインに対処するための達成方法がどの達成基準にも該当しない場合は、ここで挙げている。そういった達成方法は、どの達成基準を満たす上でも必須ではないし、十分でもないが、ウェブコンテンツの種類によってはより多くの利用者にとってよりアクセシブルにすることができるものである。

  • W3C が策定した技術仕様の中で非推奨とされている機能の使用を避ける (リンク追加予定)

  • その技術がオフになっている、又はサポートされていないとき、アクセシビリティ サポーテッドではない技術に依存したコンテンツを表示しない。


このガイドラインの達成基準: