WCAG 2.0 解説書

本文へジャンプ

-

キーボードトラップなし:
達成基準 2.1.2 を理解する

2.1.2 キーボードトラップなし: キーボードインタフェースを用いてキーボードフォーカスをそのウェブページのあるコンポーネントに移動できる場合、キーボードインタフェースだけを用いてそのコンポーネントからフォーカスを外すことが可能である。さらに、修飾キーを伴わない矢印キー、 Tab キー、又はフォーカスを外すその他の標準的な方法でフォーカスを外せない場合は、フォーカスを外す方法が利用者に通知される。 (レベル A)

注記: この達成基準を満たさないコンテンツでは、利用者がそのウェブページ全体を使用できない恐れがあるため、ウェブページ上のすべてのコンテンツは他の達成基準を満たすために用いられているか否かにかかわらず、この達成基準を満たさなければならない。適合要件 5: 非干渉を参照。

この達成基準の意図

この達成基準の意図は、コンテンツが、ウェブページ上にあるコンテンツのサブセクション内で、キーボードフォーカスを「閉じ込める」ことのないようにすることである。これは、1 ページ中に複数のフォーマットが組み合わされていて、プラグイン又は埋め込みアプリケーションを使用して描画される際によく起こる問題である。

利用者がその状態を離れる方法及びフォーカスを「閉じ込められない」ようにする方法を知っている限り、ウェブページの機能がコンテンツのサブセクションへのフォーカスを制限する場合に時間が存在するかもしれない。

達成基準 2.1.2 の具体的なメリット:

  • 全盲の人及び身体障害のある人など、キーボード又はキーボードインタフェースだけを使用している人がウェブコンテンツを利用できるようになる。

達成基準 2.1.2 の事例

関連リソース

リソースは、情報提供のみを目的としており、推奨を意味するものではない。

(今のところ、文書化されていない)

達成基準 2.1.2 の達成方法及び失敗例 - キーボードトラップなし

この節にある番号付きの各項目は、WCAG ワーキンググループがこの達成基準を満たすのに十分であると判断する達成方法、又は複数の達成方法の組み合わせを表している。しかしながら、必ずしもこれらの達成方法を用いる必要はない。その他の達成方法についての詳細は、WCAG 達成基準の達成方法を理解するの「その他の達成方法」を参照のこと。

2.1.2 でさらに対応が望まれる達成方法 (参考)

適合のために必須ではないが、コンテンツをよりアクセシブルにするために、次の追加の達成方法を検討することが望ましい。ただし、すべての状況において、すべての達成方法が使用可能、又は効果的であるとは限らない。

(今のところ、文書化されていない)

達成基準 2.1.2 のよくある失敗例

以下に挙げるものは、WCAG ワーキンググループが達成基準 2.1.2 の失敗例とみなした、よくある間違いである。

重要な用語

キーボードインタフェース (keyboard interface)

キーストローク入力を取得するためにソフトウェアが用いるインタフェース。

注記 1: 標準ではキーボードが存在しない技術であっても、キーボードインタフェースによって、利用者がキーストローク入力をプログラムに提供できる。

事例: タッチスクリーンを搭載している PDA には、外部キーボードへのコネクタとあわせて、そのオペレーティングシステムに組み込まれたキーボードインタフェースがある。PDA 上のアプリケーションはそのインタフェースを用いて、外部キーボード、あるいは手書き解釈プログラムや「キーボードエミュレーション」機能付きの音声テキスト変換アプリケーションのような擬似キーボード出力を提供する他のアプリケーションのいずれかからキーボード入力を取得することができる。

注記 2: マウスキーのようなキーボード操作によるマウスエミュレータによるアプリケーション (又は、そのアプリケーションの一部) の操作は、キーボードインタフェースからの操作とは見なさない。なぜならば、この場合、プログラムの操作は、キーボードインタフェースからではなく、そのポインティングデバイス インタフェースからの入力によって行われるからである。