WCAG 2.0 解説書

本文へジャンプ

-

フォーカスの可視化:
達成基準 2.4.7 を理解する

2.4.7 フォーカスの可視化: キーボード操作が可能なあらゆるユーザインタフェースには、フォーカスインジケータが見える操作モードがある。 (レベル AA)

この達成基準の意図は、キーボード フォーカスを持っている要素を利用者が認識しやすくすることである。

この達成基準の意図は、複数の要素のうち、どの要素がキーボード フォーカスを持っているか利用者が認識しやすくすることである。スクリーン上にキーボード操作可能な要素が 1 つだけある場合には、視覚的にはキーボード操作可能な要素を 1 つだけ提示するため、達成基準が満たされることになる。

注記: キーボードのフォーカスインジケータは異なる形態をとることができる点に注意すべきである。一般的な方法の 1 つとして、テキストフィールドがキーボード フォーカスを持っていることを示すための、テキストフィールド内のキャレット表示がある。別の方法としては、ボタンがキーボード フォーカスを持っていることを示すために、ボタンを視覚的に変化させるといった方法がある。

  • キーボードだけでそのページを操作している利用者が、キーボードで操作しているコンポーネントを視覚的に常時確認できるようになる。

  • 注意力欠如、短期記憶の制約、又は遂行機能における制限のある利用者が、フォーカスがどこにあるのかを見つけることができるようになる。

リソースは、情報提供のみを目的としており、推奨を意味するものではない。

この節にある番号付きの各項目は、WCAG ワーキンググループがこの達成基準を満たすのに十分であると判断する達成方法、又は複数の達成方法の組み合わせを表している。しかしながら、必ずしもこれらの達成方法を用いる必要はない。その他の達成方法についての詳細は、WCAG 達成基準の達成方法を理解するの「その他の達成方法」を参照のこと。

適合のために必須ではないが、コンテンツをよりアクセシブルにするために、次の追加の達成方法を検討することが望ましい。ただし、すべての状況において、すべての達成方法が使用可能、又は効果的であるとは限らない。

  • リンクもしくはコントロールのそばにマウスが来たとき強調する(リンク追加予定)

  • キーボードフォーカスを受け取ったときリンクもしくはコントロールが強調され非常に目立つメカニズムを提供する(リンク追加予定)