WCAG 2.0 解説書

本文へジャンプ

-

リンクの目的 (リンクのみ) :
達成基準 2.4.9 を理解する

2.4.9 リンクの目的 (リンクのみ) : それぞれのリンクの目的を、リンクのテキスト単独で特定できるメカニズムが利用できる。ただし、リンクの目的がほとんどの利用者にとって曖昧な場合は除く。 (レベル AAA)

この達成基準の意図は、利用者がコンテンツ内にある各リンクの目的を理解するのを手助けすることで、彼らはそれを辿ることを望むかどうかを、彼らが決めることができる(同じ機能を持っているコンポーネントの識別に一貫性を求めるための達成基準 3.2.4 も見よ)。リンクの目的は、そのリンク テキストから識別されることができるので、ユーザエージェントが、ページ上にある全てのリンクの一覧を提供するときのように、リンクは、それらが文脈の中にあるとき、理解することができる。

リンク内のテキストは、リンクの目的を説明するように意図されている。リンクが、文書又はウェブ アプリケーションの一つへ導く場合は、文書またはウェブ アプリケーションの名前は、(文書またはウェブ アプリケーションにあなたを導く)リンクの目的を説明するのに十分であろう。文書又はウェブ アプリケーションの名前を使用する必要がないことに注意されたい。他のものが、リンクの目的を説明することもできる。

達成基準 2.4.2 は、ページのタイトルに取り組んでいる。ここでもまた、ページに表示されている文書とウェブ アプリケーションの名前は、ページの目的を説明するのに十分であろう。リンクとタイトルが一致する又はとても似ていることは、良い習慣であり、リンクの「クリック」と利用者が着地するウェブ ページ間の継続性を提供する。

この達成基準には、リンクの目的をウェブページ上にある情報からは判断できないリンクに対して例外が認められている。そのような状況では、障害のある利用者が不利な立場にあるわけではない。リンクの目的を理解するために追加入手可能な文脈が一切ないのである。しかし、この達成基準を満たすためには、そのリンクの目的を解釈するためにそのウェブページ上で利用できる文脈はどんなものであれ、そのリンクテキストで入手可能にしなればならない。

「メカニズム」という用語を用いているのは、コンテンツ制作者がすべてのリンクを前後の文脈に関係なく完全に理解できるようにするか、あるいはそのようにする方法を提供できるようにするためである。リンクすべてをリンクテキストだけでも曖昧ではないようにすることで、ページによっては、分かりやすくなる利用者もいれば、分かりづらくなってしまう利用者もいる。リンクを(それ自身により)明らかにするか そうしないか できるようにすることは、障害のある利用者にも無い利用者にも、彼らのニーズに最も合致したフォーマットのページを使えるようにすることである。

例えば、100 冊の書籍のタイトルが並んでいるページに、それぞれの書籍を HTML、PDF、DOC、TXT、MP3、又は AAC でダウンロードするリンクがある場合、たいていは書籍のタイトルの後に「HTML 版」のようなリンクがある。そして、「次のバージョンも利用可能:」という文が続いていて、「HTML」、「PDF」、「DOC」、「TXT」、「MP3」、そして「AAC」という短いテキストのリンクがある。レベル AAA では、ある利用者は このようにページを見ることが選べるであろう。それぞれのリンクに書籍のタイトルがあると、分かりづらかったり、使うのに時間がかかってしまったりするからである。その他の利用者は、それぞれのリンクがそれだけで理解できるように、それぞれのリンクの一部に書籍のタイトルがあるようにページを見ることが選べるであろう。前者のグループにも後者のグループにも、いろいろな使い方をしている、又は様々な種類や度合いの障害のある、視覚又は認知の障害のある利用者が含まれるであろう。

  • 運動障害のある利用者が、関心のないウェブページをスキップできるようになり、関係のないページへ行ってからまた元のページの戻ってくるような無駄なキーストロークを避けることができるようになる。

  • 認知に制約のある利用者が必要のないコンテンツへ行ったり来たりして現在位置を見失う、ということがなくなる。

  • 視覚障害のある利用者は、元のページに戻ってきたときコンテンツのその場所が分からなくなる、ということがなくなり恩恵を受ける。そして、リンク先が説明されているので、情報を探す上で、スクリーンリーダーのリンク一覧がより有益になる。

リソースは、情報提供のみを目的としており、推奨を意味するものではない。

この節にある番号付きの各項目は、WCAG ワーキンググループがこの達成基準を満たすのに十分であると判断する達成方法、又は複数の達成方法の組み合わせを表している。しかしながら、必ずしもこれらの達成方法を用いる必要はない。その他の達成方法についての詳細は、WCAG 達成基準の達成方法を理解するの「その他の達成方法」を参照のこと。

  1. ARIA8: リンクの目的を示すために aria-label を使用する (ARIA)

  2. G91: リンクの目的を説明したリンクテキストを提供する

  3. H30: a 要素のリンクの目的を説明するリンクテキストを提供する (HTML)

  4. H24: イメージマップの area 要素に代替テキストを提供する (HTML)

  5. FLASH27: ボタンの目的を説明するラベルを提供する (Flash)

  6. 次の達成方法の一つを用いて、利用者が短めのリンクテキスト又は長めのリンクテキストを選べるようにする:

  7. 次の達成方法の一つを用いて、リンクの目的を補足説明する:

  8. 次の達成方法の一つを用いて、セマンティックにリンクを示す:

適合のために必須ではないが、コンテンツをよりアクセシブルにするために、次の追加の達成方法を検討することが望ましい。ただし、すべての状況において、すべての達成方法が使用可能、又は効果的であるとは限らない。

重要な用語

ほとんどの利用者にとって曖昧 (ambiguous to users in general)

リンク、及びリンクと同時に利用者に提供されているウェブページのどの情報からも、そのリンクの目的を判断できない (すなわち、障害がない閲覧者でも、そのリンクを動作させるまで、そのリンクが何をするのか分からない)。

事例: 「注目すべき輸出品のひとつはグァバです」という文中にある「グァバ」という単語がリンクになっている。そのリンク先は、グァバの定義、グァバの輸出量を挙げる図表、又はグァバを収穫している人々の写真のいずれにもなり得る。リンクを動作させるまで、すべての利用者が確信を持てないため、障害のある人が不利な立場に置かれることはない。

メカニズム (mechanism)

結果を得るためのプロセス又は手法。

注記 1: メカニズムは、コンテンツ内で明示的に提供されることもあれば、プラットフォーム又は支援技術を含むユーザエージェントで提供されるものに 依存することもある。

注記 2: メカニズムは、宣言する適合レベルのすべての達成基準を満たさなければならない。