WCAG 2.0 解説書

本文へジャンプ

予測可能:
ガイドライン 3.2 を理解する

ガイドライン 3.2: ウェブページの表示や挙動を予測可能にすること。

ガイドライン 3.2 の意図

このガイドラインの意図は、ウェブページからウェブページへの予測可能なコンテンツの順序を提示することによって、及び機能的でインタラクティブなコンポーネントの動作を予測可能にすることによって、障害のある利用者を支援することである。利用者がウェブページ全体の概観を把握するのが困難なことがある。例えば、スクリーンリーダーは、合成音声の一次元のストリームとしてコンテンツを提示するため、空間的な関係性を理解しづらくする。認知能力が低下した利用者は、コンポーネントがページによって異なる場所に表示される場合に混乱することがある。

例えば、画面拡大ソフトを使用している利用者は、ある時点で画面の一部分だけしか見ていない。一貫性のあるレイアウトによって、ナビゲーションバーやその他のコンポーネントが見つけやすくなる。ウェブページ一式の中で、繰り返し用いられるコンポーネントを同じ相対的順序で配置することにより、読字障害のある利用者が、各リンクのテキストをデコードするのに追加の時間を費やすことなく、画面のある領域に集中することを可能にする。手を十分に使えない利用者は、最少のキーストロークでタスクを完了できる方法をより容易に見つけ出すことができる。

ガイドライン 3.2 の参考にすべき達成方法 (特定の達成基準に特有ではない達成方法)

このガイドラインにある各達成基準を満たすための達成方法は、この後に達成基準ごとに挙げられている。しかし、このガイドラインに対処するための達成方法がどの達成基準にも該当しない場合は、ここで挙げている。そういった達成方法は、どの達成基準を満たす上でも必須ではないし、十分でもないが、ウェブコンテンツの種類によってはより多くの利用者にとってよりアクセシブルにすることができるものである。

  • ラベルを配置することで、関係性を予測できる可能性を最大限に高める


このガイドラインの達成基準: