WCAG 2.0 解説書

本文へジャンプ

-

一般的ではない用語:
達成基準 3.1.3 を理解する

3.1.3 一般的ではない用語: 慣用句及び専門用語を含めて、一般的ではない、又は限定された用法で使われている単語、又は語句の、明確な定義を特定するメカニズムが利用できる。 (レベル AAA)

この達成基準の意図

特定の障害は、文字通りの意味ではない言葉の使い方や特殊な言葉又は使い方の理解を困難にする。特定の障害は、比喩的な言い回し又は特殊な使い方の理解を困難にする。当該のメカニズムを提供することは、これらの障害のある利用者に対して不可欠である。専門家ではない読者に対する専門知識は、レベル A 又はレベル AA 適合のみを求める場合でも、この達成基準に適合することを推奨する。

達成基準 3.1.3 の具体的なメリット:

この達成基準は、認知の障害、言語の障害、及び学習障害のある次のような利用者に役立つ:

  • 文字から単語を復号しづらい。

  • 単語及び語句を理解しづらい。

  • 前後の文脈を用いて理解するのが困難である。

また、視覚障害のある次のような利用者にも役立つ:

  • 画面拡大ソフトで拡大していて前後の文脈を見失っている。

達成基準 3.1.3 の事例

関連リソース

リソースは、情報提供のみを目的としており、推奨を意味するものではない。

注記: 次のリストにある製品名又はベンダー企業名は、WCAG ワーキンググループ又は W3C の WAI による推薦を意味するものではない。このリストは、単に便宜を提供するだけのものであり、どのようなリソースが参照可能なのかを知らせるだけのものである。

達成基準 3.1.3 の達成方法及び失敗例 - 一般的ではない用語

この節にある番号付きの各項目は、WCAG ワーキンググループがこの達成基準を満たすのに十分であると判断する達成方法、又は複数の達成方法の組み合わせを表している。しかしながら、必ずしもこれらの達成方法を用いる必要はない。その他の達成方法についての詳細は、WCAG 達成基準の達成方法を理解するの「その他の達成方法」を参照のこと。

十分な達成方法

使用法: そのコンテンツに合致する状況を以下から選択すること。それぞれの状況には、WCAG ワーキンググループがその状況において十分であると判断する、番号付の達成方法 (又は、達成方法の組み合わせ) がある。

状況 A: 単語又は語句にそのウェブページ特有の意味がある場合:

  1. ウェブページ上で単語や語句の初出時に、以下のいずれかの方法で G101: 一般的ではない、又は限定された用法で用いられている単語や語句の定義を提供する:

  2. 以下のいずれかの方法を用いて、その単語又は語句がウェブページ上に出現する度に G101: 一般的ではない、又は限定された用法で用いられている単語や語句の定義を提供する:

状況 B: 単語又は語句の意味が、同じウェブページ内で異なる場合:

  1. 以下のいずれかの方法を用いて、その単語又は語句がウェブページ上に出現する度に G101: 一般的ではない、又は限定された用法で用いられている単語や語句の定義を提供する:

3.1.3 でさらに対応が望まれる達成方法 (参考)

適合のために必須ではないが、コンテンツをよりアクセシブルにするために、次の追加の達成方法を検討することが望ましい。ただし、すべての状況において、すべての達成方法が使用可能、又は効果的であるとは限らない。

  • 特殊な意味を持つ言葉を利用者が認識できるようなマークアップや視覚的フォーマットを行う (リンク追加予定)

  • 音声で検索できる辞書を提供し、キーボードの操作や単語を綴ることが難しい利用者が発声することで言葉の意味を検索できるようにする (リンク追加予定)

  • 手話による辞書を提供し、ろう者が言葉の意味を検索するのを支援する (リンク追加予定)

  • テキストコンテンツ中のすべての言葉の定義を検索できるようなメカニズムを提供する (リンク追加予定)

  • テキストコンテンツ中のすべての単語や語句について、その意味を判断するためのメカニズムを提供する (リンク追加予定)

  • 一般的でない外来語の使用を避ける (リンク追加予定)

  • 一連の辞書をカスケード式に表示して意味を提供する (リンク追加予定)

達成基準 3.1.3 のよくある失敗例

以下に挙げるものは、WCAG ワーキンググループが達成基準 3.1.3 の失敗例とみなした、よくある間違いである。

(今のところ、文書化された失敗例はない)

重要な用語

メカニズム (mechanism)

結果を得るためのプロセス又は手法。

注記 1: メカニズムは、コンテンツ内で明示的に提供されることもあれば、プラットフォーム又は支援技術を含むユーザエージェントで提供されるものに 依存することもある。

注記 2: メカニズムは、宣言する適合レベルのすべての達成基準を満たさなければならない。

一般的ではない、又は限定された用法で使われている (used in an unusual or restricted way)

そのコンテンツを正しく理解するために、どの定義で使われているのかを利用者が正確に知る必要があるような使われ方をしている言葉。

事例: "gig" という用語は、音楽コンサートの話の中で使われている場合、コンピュータのハードディスクドライブの容量に関する記事とは違うことを意味するが、適切な定義は文脈から判断できる。それに対して、「テキスト」という言葉は、WCAG 2.0では非常に特定された意味で使われており、その定義が用語集で提供されている。

専門用語 (jargon)

特定の分野の人々が特定の用法で用いる単語。

事例: 固定キーという用語は、支援技術やアクセシビリティの分野における専門用語である。

慣用句 (idiom)

個々の単語の意味からはその意味を推測できず、特定の単語を変えると意味が通じなくなる言い回し。

注記: 慣用句は、単語単位で直接翻訳すると、その (文化的あるいは言語特有の) 意味が通じなくなる。

事例 1: 英語では、"spilling the beans" (豆をこぼす) は「秘密を漏らす」という意味である。しかし、"knocking over the beans" (豆をひっくり返す) や"spilling the vegetables" (野菜をこぼす) は同じ意味にはならない。

事例 2: 日本語では、「さじを投げる」という言い回しは、逐語訳では "he throws a spoon"となるが、「どうすることもできずに諦める」という意味である。

事例 3: オランダ語では、"Hij ging met de kippen op stok"は、逐語訳すれば「彼はニワトリとねぐらについた」となるが、「彼は早く寝た」という意味である。