WCAG 2.0 解説書

本文へジャンプ

-

一部分の言語:
達成基準 3.1.2 を理解する

3.1.2 一部分の言語: コンテンツの一節、又は語句それぞれの自然言語がどの言語であるか、プログラムによる解釈が可能である。ただし、固有名詞、技術用語、言語が不明な語句、及びすぐ前後にあるテキストの言語の一部になっている単語又は語句は除く。 (レベル AA)

この達成基準の意図

この達成基準の意図は、ユーザエージェントが、複数の言語で書かれているコンテンツを正しく提示できるようにすることである。これにより、その言語の提示規則および発音規則に従ってコンテンツをユーザエージェントおよび支援技術に提示することが可能になる。これは、スクリーンリーダー、点字ディスプレイ及びその他の音声ブラウザだけでなくグラフィカルブラウザも適用される。

支援技術及び従来のユーザエージェントはともに、テキストの各節の言語が識別される場合、テキストをより正確にレンダリングできる。スクリーンリーダーは、テキストの言語の発音規則を用いることができる。ビジュアルブラウザは、適切な方法で文字及び書体を表示することができる。これは、左から右に読む言語と右から左に読む言語を切り替えるとき、又はテキストが異なるアルファベットを使用する言語でレンダリングされるときに特に重要である。ウェブページで用いられているすべての言語を理解している障害のある利用者は、各節が適切にレンダリングされたとき、コンテンツをよりよく理解できるようになる。

テキストの語句又は節に何も言語が指定されていない場合、そのテキストの自然言語は、ウェブページのデフォルトの自然言語である (達成基準 3.1.1 を参照)。そのため、単一言語の文書にあるすべてのコンテンツの言語は、プログラムによる解釈が可能となる。

ある言語の個々の単語又は語句が、その他の言語の一部になることがある。例えば、"rendezvous" は、英語に採用され、英語の辞書に現れ、英語のスクリーンリーダーによって適切に発音される、フランス語の単語である。したがって、英語のテキストの一節に、その自然言語がフランス語であることを示すことなく "rendezvous" という単語が含まれていても、この達成基準を満たしていることになる。しばしば、テキストの自然言語が一つの単語に対して変化するような時、その単語は周囲にテキストの言語の一部となっていることがある。これは、一部の言語では一般的なことなので、言語を意図的に変えていることが明白でない限り、その単語は周囲のテキストの言語の一部とみなすべきである。言語を意図的に変えているかどうかが疑わしい場合は、単語が、隣接する周囲のテキストの言語で同じように発音されるかどうかを考えてみるとよいだろう (ただし、アクセントやイントネーションは除く)。

ほとんどの専門的な職業では、外国語からきた技術用語を頻繁に使うことを必要とする。そのような用語は、通常すべての言語に翻訳されていない。技術用語の広く共通な性質は、専門家の間でのコミュニケーションも促進する。

技術用語のよくある例としては、次のようなものがある: ホモ サピエンス (Homo sapiens)、アルファケンタウリ (Alpha Centauri)、ヘルツ (hertz)、ヘイビアス コーパス (habeas corpus) など。

言語の変化を示すことは、多くの理由から重要である:

達成基準 3.1.2 の具体的なメリット:

この達成基準は、次のような利用者にメリットがある:

  • スクリーンリーダー又はテキストを合成音声に変換するその他の技術を使用している利用者。

  • 例えば、文字及びアルファベットを認識したり、単語を読み取ったりすることのように、流暢かつ正確に書かれたものを読むことが困難な利用者。

  • テキストを音声に変換するソフトウェアを使用している、特定の認知の障害、言語の障害、及び学習障害のある利用者。

  • 同期メディアのキャプションを頼りにしている利用者。

達成基準 3.1.2 の事例

  1. 英語の文章中にあるドイツ語の一節

    文章中の "He maintained that the DDR (German Democratic Republic) was just a ' Treppenwitz der Weltgeschichte'," は、ドイツ語の一節 'Treppenwitz der Weltgeschichte' がドイツ語であることが示されている。マークアップ言語に応じて、英語は、指定された箇所を除く文書全体の言語として示すこともできるし、段落レベルで示すこともできる。スクリーンリーダーがドイツ語の一節を読み上げる際は、その単語を正確に発音するために、英語からドイツ語に発音規則を変更する。

  2. 代わりの言語へのリンク

    ある HTML のウェブページには、そのページの他言語版へのリンクがある (例: Deutsch, Français, Nederlands, Castellano など)。それぞれのリンクのテキストは、その言語で言語の名前である。それぞれのリンクの言語は、lang 属性で示されている。

  3. フランス語の文章中で使われている "Podcast"

    "podcast" は、次の引用 "A l'occasion de l'exposition "Energie eternelle. 1500 arts d'art indien", le Palais des Beaux-Arts de Bruxelles a lance son premier podcast. Vous pouvez telecharger ce podcast au format M4A et MP3," の周囲にあるテキストの母国語の一部なので、言語の変更を示す必要はない。

関連リソース

リソースは、情報提供のみを目的としており、推奨を意味するものではない。

達成基準 3.1.2 の達成方法及び失敗例 - 一部分の言語

この節にある番号付きの各項目は、WCAG ワーキンググループがこの達成基準を満たすのに十分であると判断する達成方法、又は複数の達成方法の組み合わせを表している。しかしながら、必ずしもこれらの達成方法を用いる必要はない。その他の達成方法についての詳細は、WCAG 達成基準の達成方法を理解するの「その他の達成方法」を参照のこと。

3.1.2 でさらに対応が望まれる達成方法 (参考)

適合のために必須ではないが、コンテンツをよりアクセシブルにするために、次の追加の達成方法を検討することが望ましい。ただし、すべての状況において、すべての達成方法が使用可能、又は効果的であるとは限らない。

  • SL27: Using Language/Culture Properties as Exposed by Silverlight Applications and Assistive Technologies (Silverlight)

  • そのウェブページのデフォルトの自然言語とは異なる言語で記述されているテキストを視覚的に区別できるようにする (リンク追加予定)

  • 外国語で記述された節や語句で用いられているすべての原語の名前を表示する (リンク追加予定)

  • 固有名詞の原語をマークアップして、スクリーンリーダが正しく発音できるようにする (リンク追加予定)

達成基準 3.1.2 のよくある失敗例

以下に挙げるものは、WCAG ワーキンググループが達成基準 3.1.2 の失敗例とみなした、よくある間違いである。

(今のところ、文書化された失敗例はない)

重要な用語

プログラムによる解釈 (プログラムによる解釈が可能) (programmatically determined (programmatically determinable))

支援技術 を含む様々なユーザエージェントが抽出でき、利用者に様々な感覚モダリティで提示できるような形のデータがコンテンツ制作者によって提供されたとき、そのデータがソフトウェアによって解釈されること。

事例 1: マークアップ言語で、一般に入手可能な支援技術が直接アクセスできる要素と属性から解釈される。

事例 2: 非マークアップ言語の技術特有のデータ構造から解釈され、一般に入手可能な支援技術がサポートするアクセシビリティ API を通じて支援技術に提供される。

自然言語 (human language)

人間とコミュニケーションをとるための言語で、話される、書かれる、又は (視覚的あるいは触覚的な手段で) 手話にされるもの。

注記: 手話も参照。