WCAG 2.0 解説書

本文へジャンプ

-

手話 (収録済) :
達成基準 1.2.6 を理解する

1.2.6 手話 (収録済) : 同期したメディアに含まれているすべての収録済音声コンテンツに対して、手話通訳が提供されている。 (レベル AAA)

この達成基準の意図

この達成基準の意図は、ろう者又は難聴の利用者で手話に堪能な人が、同期したメディアのプレゼンテーションの音声トラックコンテンツを理解できるようにすることである。例えば、キャプションに書かれているようなテキストは、第二言語であることがよくある。手話は、イントネーション、感情、及び、キャプションには反映されないが手話通訳には反映されるその他の音声情報を提供するので、手話通訳は同期したメディアの内容に対して字幕よりも豊富でより等価な情報を提供する。手話で頻繁にやりとりする人はまた、手話でより早口になり、同期したメディアは、時間依存のプレゼンテーションとなる。

達成基準 1.2.6 の具体的なメリット:

  • 普段使う言語が手話である人は、読解力に限界があることがある。そういった利用者は、キャプションを読んで理解できない恐れがあり、同期したメディアのコンテンツを利用する機会を得るために手話を必要とする。

達成基準 1.2.6 の事例

関連リソース

リソースは、情報提供のみを目的としており、推奨を意味するものではない。

達成基準 1.2.6 の達成方法及び失敗例 - 手話 (収録済)

この節にある番号付きの各項目は、WCAG ワーキンググループがこの達成基準を満たすのに十分であると判断する達成方法、又は複数の達成方法の組み合わせを表している。しかしながら、必ずしもこれらの達成方法を用いる必要はない。その他の達成方法についての詳細は、WCAG 達成基準の達成方法を理解するの「その他の達成方法」を参照のこと。

1.2.6 でさらに対応が望まれる達成方法 (参考)

適合のために必須ではないが、コンテンツをよりアクセシブルにするために、次の追加の達成方法を検討することが望ましい。ただし、すべての状況において、すべての達成方法が使用可能、又は効果的であるとは限らない。

メタデータの達成方法

  • メタデータを使って映像の代替である手話を対応付け、手話の選択ができるようにする (リンク追加予定)

    • 事例: ウェブページの様々な英国式の手話通訳 (ASL, SASL, BSL, Auslan, ISL, NZSL) を指し示す URI を、メタデータの中で、提供する

達成基準 1.2.6 のよくある失敗例

以下に挙げるものは、WCAG ワーキンググループが達成基準 1.2.6 の失敗例とみなした、よくある間違いである。

(今のところ、文書化された失敗例はない)

重要な用語

収録済 (prerecorded)

ライブではない情報。

同期したメディア (synchronized media)

情報を提示するために、他のフォーマットと同期した音声もしくは映像、又は時間に依存するインタラクティブな構成要素と同期した音声又は映像。ただし、そのメディアが メディアによるテキストの代替であって、メディアによる代替であることが明確にラベル付けされているものは除く。

手話通訳 (sign language interpretation)

ある言語、通常は発話された言葉を、手話に訳すこと。

注記: 手話は、本来、同じ国や地域で話されている言葉とは関係がない独立したものである。

音声 (audio)

音の再生技術。

注記: 音声には、合成して作られたもの (音声合成を含む)、実世界の音を収録したもの、又はその両方が含まれる。