WCAG 2.0 解説書

本文へジャンプ

-

リンクの目的 (コンテキスト内) :
達成基準 2.4.4 を理解する

2.4.4 リンクの目的 (コンテキスト内) : それぞれのリンクの目的が、リンクのテキスト単独で、又はリンクのテキストとプログラムによる解釈が可能なリンクのコンテキストから判断できる。ただし、リンクの目的がほとんどの利用者にとって曖昧な場合は除く。 (レベル A)

この達成基準の意図は、利用者がそのリンク先へ行きたいかどうかを決めることができるように、各リンクの目的を理解しやすくすることである。可能な限り、その他の文脈が必要ないように、リンクの目的を示すリンクテキストを提供するとよい。支援技術は、そのウェブページにあるリンクの一覧を利用者に提供することが可能である。リンクテキストにできる限り意味を持たせることで、利用者はこのリンクの一覧から選びやすくなる。また、意味のあるリンクテキストは、リンクからリンクへと Tab キーで移動したい利用者にとっても役に立つ。そして、意味のあるリンクは、そのリンク先のページを理解するのに面倒な方法をとることなく、利用者がリンクを選びやすくなるのである。

リンクのテキスト又はリンクに関連付けられたテキストは、リンクの目的を説明することを意図している。リンクが文書又はウェブアプリケーションに遷移する場合、その文書又はウェブアプリケーションの名称は、(その文書又はウェブアプリケーションへ遷移する) リンクの目的を説明するのに十分だろう。ここで注意すべきなのは、文書又はウェブアプリケーションの名称の使用が必要とされないことである。他のものがリンクの目的を説明する場合もあるだろう。

達成基準 2.4.2 は、ページのタイトルを取り扱っている。ここでも、ページに表示されている、文書又はウェブアプリケーションの名称は、ページの目的を説明するのに十分だろう。リンクとタイトルが一致する、又は非常に類似したものであることはよい習慣であり、「クリックされた」リンクと利用者が到達するウェブページとの間に連続性を与える。

状況によっては、コンテンツ制作者は、リンクの文脈を提供する関係のあるテキストに論理的にリンクの説明の一部を提供したいことがある。この場合、利用者がリンクからフォーカスを移動させずに、そのリンクの目的を確認できることが推奨される。言い換えれば、利用者があるリンクに到達でき、その位置を失うことなく、リンクに関するより多くの情報を探し出すことができる。これは、リンク自体と直接関連付けられているため、リンクと同じ文、段落、リスト項目、又はテーブルのセルにおける、又はデータテーブル内にあるリンクのテーブル見出しセルにおける、リンクの説明を置くことで達成可能である。あるいは、コンテンツ制作者は、ARIA 技術を用いてページ上の追加テキストをリンクに関連付けることもできる。

こういった文脈は、リンクの前にあると、最も使いやすいだろう (例えば、曖昧なリンクテキストを使わなければならない場合、その曖昧な語句をリンクの行き先を説明する文章の初めに置くよりも、リンクの行き先を説明する文章の最後に置いたほうが分かりやすい)。リンクの後に説明がきてしまうと、ウェブページを (先頭から最後まで) 順に読んでいるスクリーンリーダーの利用者が、困惑したり、理解しづらかったりする可能性がある。

同じ宛先のリンクには一貫した説明があることがベストプラクティスとなる (そしてこれは、一式内のページにおいては達成基準 3.2.4 により要件となる)。さまざまな目的や目的地を持つリンクが異なる記述を持つこともベストプラクティスとなる。

この達成基準には、リンクの目的をウェブページ上にある情報からは判断できないリンクに対して例外が認められている。そのような状況では、障害のある利用者が不利な立場にあるわけではない。リンクの目的を理解するために追加入手可能な文脈が一切ないのである。しかし、ウェブページ上でリンクの目的を解釈するために どんな量であれ文脈が 利用できるなら、この達成基準を満たすためには リンクテキスト内で利用できるか、又はプログラム的にリンクと関連付けられるか、ができなければいけない。

注記: リンクの目的が未知のものである又は隠されているというのが当然であるという状況もありえる。例えば、ゲームには ドア 1、ドア 2、そしてドア 3 とだけしか示されていないリンクがある可能性もある。こういう場合は、リンクの目的がすべての利用者をドキドキさせることなので、それらはリンクテキストとして十分であると考えてよい。

達成基準2.4.9 リンクの目的 (リンクのみ) を理解するも参照のこと。

  • この達成基準により、運動障害のある利用者が、リンク先のコンテンツへ行って、また元へ戻ってくるという無駄なキーストロークなしに、必要のないリンクをスキップすることができるようになる。

  • 認知に制約のある利用者が必要のないコンテンツへ行ったり来たりして現在位置を見失う、ということがなくなる。

  • 視覚障害のある利用者が、リンクの文脈を探ることによって、リンクの目的を判断できるようになる。

リソースは、情報提供のみを目的としており、推奨を意味するものではない。

この節にある番号付きの各項目は、WCAG ワーキンググループがこの達成基準を満たすのに十分であると判断する達成方法、又は複数の達成方法の組み合わせを表している。しかしながら、必ずしもこれらの達成方法を用いる必要はない。その他の達成方法についての詳細は、WCAG 達成基準の達成方法を理解するの「その他の達成方法」を参照のこと。

  1. G91: リンクの目的を説明したリンクテキストを提供する

  2. H30: a 要素のリンクの目的を説明するリンクテキストを提供する (HTML)

  3. H24: イメージマップの area 要素に代替テキストを提供する (HTML)

  4. FLASH27: ボタンの目的を説明するラベルを提供する (Flash)

  5. 次に挙げる達成方法の一つを用いて、利用者が簡潔なリンクテキスト又は長いリンクテキストを選べるようにする:

  6. G53: リンクテキストとそれが含まれている文章中のテキストとを組み合わせて、リンクの目的を特定する

  7. 次に挙げる達成方法の一つを用いて、リンクの目的の説明を補足する:

  8. 次に挙げる達成方法の一つを用いて、プログラムで判断されるリンクの文脈と一緒にリンクの目的を特定する:

  9. G91: リンクの目的を説明したリンクテキストを提供するかつ次の達成方法の一つを用いてセマンティックにリンクを示す:

適合のために必須ではないが、コンテンツをよりアクセシブルにするために、次の追加の達成方法を検討することが望ましい。ただし、すべての状況において、すべての達成方法が使用可能、又は効果的であるとは限らない。

重要な用語

ほとんどの利用者にとって曖昧 (ambiguous to users in general)

リンク、及びリンクと同時に利用者に提供されているウェブページのどの情報からも、そのリンクの目的を判断できない (すなわち、障害がない閲覧者でも、そのリンクを動作させるまで、そのリンクが何をするのか分からない)。

事例: 「注目すべき輸出品のひとつはグァバです」という文中にある「グァバ」という単語がリンクになっている。そのリンク先は、グァバの定義、グァバの輸出量を挙げる図表、又はグァバを収穫している人々の写真のいずれにもなり得る。リンクを動作させるまで、すべての利用者が確信を持てないため、障害のある人が不利な立場に置かれることはない。

プログラムによる解釈が可能なリンクのコンテキスト (programmatically determined link context)

リンクとの関係性からプログラムによる解釈が可能であり、リンクテキストと結びつけることができ、様々な感覚モダリティで利用者に提示することができる付加的情報。

事例: HTMLでは、英語で記述されたリンクからプログラムによる解釈が可能な情報には、そのリンクと同じ段落、リスト、又はテーブルのセルにあるテキスト、あるいはリンクのあるテーブルのセルと関連付けられたテーブルの見出しセルにあるテキストなどがある。

注記: スクリーンリーダーは句読点を解釈するので、フォーカスが文中のリンクにある場合は、その文からコンテキストを提供することも可能である。

リンクの目的 (link purpose)

ハイパーリンクを動作させたときに得られる結果の本質。