WCAG 2.0 解説書

本文へジャンプ

-

ブロックスキップ:
達成基準 2.4.1 を理解する

2.4.1 ブロックスキップ: 複数のウェブページ上で繰り返されているコンテンツのブロックをスキップするメカニズムが利用できる。 (レベル A)

この達成基準の意図は、コンテンツ内を一つずつ順を追って行き来している利用者がウェブページのメインコンテンツへ直接移動できるようにすることである。ウェブページ及びウェブアプリケーションには、他のページ又は画面でも現れるコンテンツがしばしばある。コンテンツの中で繰り返されているブロックの例としては、ナビゲーションリンク、見出しのグラフィック、そして広告を表示するフレームなどが挙げられる。個々の単語、フレーズ、又は単独のリンクなどの小さな繰り返される部分は、この達成基準の趣旨においては、ブロックとしてみなされない。

このことは、画面を見ている利用者が、画面の中央(通常は、メインコンテンツがあるところ)に意識を集中することによって、繰り返しているコンテンツを無視することができることや、マウスを使用している利用者が、目的のリンクの前にあるすべてのリンク又はフォームのコントロールと出くわさずに、1 回のクリックでそのリンクを選択できることと対照的である。

この達成基準の意図は、コンテンツ制作者にユーザエージェントが提供している機能と重複する手段を提供するように求めることではない。ほとんどのウェブブラウザは、利用者がフォーカスをページの先頭に戻すことのできるキーボードショートカットを提供しているので、ナビゲーションリンク一式をウェブページの下部で提供している場合は、いわゆる「スキップ」リンクを提供する必要はないかもしれない。

注記: この達成基準は、複数のページ上で繰り返されているコンテンツのブロックを取り扱っているが、WCAG ワーキンググループは、達成基準 1.3.1 にあるように、個々のページで構造をマークアップすることも強く奨励する。

この達成基準は、「ウェブページ一式において」という語を用いていないものの、ひとまとまりに属するウェブページという考え方を示唆している。制作者は、「共通の目的を共有し、同じコンテンツ制作者、グループ、又は組織により制作されたウェブページの集合」(ウェブページ一式の定義)ではない、何かしら相互に関係のあるウェブページにおいて起こり得る、いかなるコンテンツの重複も避けることを求められてはいない。

注記: たとえひとまとまりに属さないウェブページであっても、同じページ中に繰り返されるテキストのブロックがあったとき、それらをスキップする手段を提供することは、有用かもしれない(必要というわけではない)。

  • この達成基準を満たしていないと、何らかの障害のある利用者がウェブページのメインコンテンツへ素早くかつ容易に到達するのが困難になることがある。

  • 同じサイト上でいくつかのページを訪れるスクリーンリーダーの利用者が、メインコンテンツが読み上げられる前にある、どのページにもあるすべての見出しのグラフィック及びたくさんのナビゲーションリンクを聞かなくてすむようになる。

  • キーボード又はキーボードインタフェースだけを使用している利用者が、より少ないキーストロークだけでコンテンツに到達できるようになる。そうでなければ、メインコンテンツ部分にあるリンクに到達するまでにたくさんのキーストロークが必要になってしまうかもしれない。これには長い時間がかかってしまう恐れがあり、利用者によっては深刻な肉体的苦痛を伴うことがある。

  • 画面拡大ソフトを使用している利用者が、新しいページへ来るたびに、どこからメインコンテンツが始まるのかを見つけようとして、同じ見出し又はその他の情報のブロックの中を探し回らなくてもすむようになる。

  • リンクがリストにまとめられていると、認知に制約のある利用者及びスクリーンリーダーを使用している利用者のためになることがある。

リソースは、情報提供のみを目的としており、推奨を意味するものではない。

この節にある番号付きの各項目は、WCAG ワーキンググループがこの達成基準を満たすのに十分であると判断する達成方法、又は複数の達成方法の組み合わせを表している。しかしながら、必ずしもこれらの達成方法を用いる必要はない。その他の達成方法についての詳細は、WCAG 達成基準の達成方法を理解するの「その他の達成方法」を参照のこと。

  1. 次の達成方法の中から一つを用いて、繰り返されるブロックをスキップするリンクを作成する:

  2. 次の達成方法の中から一つを用いて、スキップ可能な方法で繰り返されるブロックをグループ化する:

適合のために必須ではないが、コンテンツをよりアクセシブルにするために、次の追加の達成方法を検討することが望ましい。ただし、すべての状況において、すべての達成方法が使用可能、又は効果的であるとは限らない。

  • 重要なリンク及びフォーム制御へのキーボードアクセスを提供する(リンク追加予定)

  • ページナビゲーションに拡張したスキップリンクを提供する(リンク追加予定)

  • アクセスキーを提供する(リンク追加予定)

  • ユーザエージェント及び支援技術による構造化されたナビゲーションを与えるアクセシビリティサポート技術を使う(リンク追加予定)

  • C6: 構造を示すマークアップをした上で、コンテンツを配置する (CSS)

以下に挙げるものは、WCAG ワーキンググループが達成基準 2.4.1 の失敗例とみなした、よくある間違いである。

(今のところ、文書化された失敗例はない)

重要な用語

ウェブページ (Web page)

単一の URI から HTTP で得た埋め込まれていないリソースに加え、 レンダリングに使われる、又はユーザエージェントがこのリソースと一緒にレンダリングすることを意図しているその他のあらゆるリソースを合わせたもの。

注記 1: どのような「その他のリソース」も主たるリソースと一緒にレンダリングされるであろうが、これらのリソースが同時にレンダリングされるとは限らない。

注記 2: このガイドラインの適合範囲に含まれる対象となるウェブページとみなされるためには、リソースが「埋め込まれていない」リソースでなければならない。

事例 1: すべての埋め込まれている画像とメディアを含んだウェブリソース。

事例 2: Asynchronous JavaScript and XML (AJAX) を用いたウェブメールのプログラム。そのプログラム全体は http://example.com/mail に存在しているが、受信箱、アドレス帳、カレンダーがある。リンクまたはボタンがあり、それを押すと受信箱、アドレス帳やカレンダーを表示するが、ページの URI は全体を通して変わらない。

事例 3: カスタマイズ可能なポータルサイトで、利用者が様々なコンテンツモジュールのセットから表示させるコンテンツを選択できるようなもの。

事例 4: ブラウザで"http://shopping.example.com/" へ行くと、映画のようなインタラクティブなショッピング環境になる。そこでは、視覚的に店内を移動して、店内の棚から商品をドラッグして、目の前にある視覚的な買物カゴに商品を入れる。商品をクリックすると、同時に仕様書が浮き上がるように表示される。これは1ページだけのウェブサイトかもしれないし、 ウェブサイトの中のほんの1ページなのかもしれない。

メカニズム (mechanism)

結果を得るためのプロセス又は手法。

注記 1: メカニズムは、コンテンツ内で明示的に提供されることもあれば、プラットフォーム又は支援技術を含むユーザエージェントで提供されるものに 依存することもある。

注記 2: メカニズムは、宣言する適合レベルのすべての達成基準を満たさなければならない。