WCAG 2.0 解説書

本文へジャンプ

ナビゲーション可能:
ガイドライン 2.4 を理解する

ガイドライン 2.4: 利用者がナビゲートしたり、コンテンツを探し出したり、現在位置を確認したりすることを手助けする手段を提供すること。

ガイドライン 2.4 の意図

このガイドラインの意図は、利用者が必要とするコンテンツを見つけるのを手助けして、自分の現在位置を確認し続けられるようにすることである。こういったタスクは、障害のある人にとってはより困難であることがしばしばである。発見、ナビゲーション及び位置確認において、利用者が現在位置を知ることが重要である。ナビゲーションにおいては、考えられうる行き先に関する情報を入手可能にする必要がある。スクリーンリーダーは、コンテンツを合成音声に変換するが、それは音声なので、合成音声は線形順序で提示されなければならない。このガイドラインにある達成基準では、スクリーンリーダーの利用者がコンテンツを正常にナビゲートできるようにするために、どの条項に対応する必要があるのかを説明しているものがある。また、利用者がより容易にナビゲーションバー及びページの見出しを認識できるようにして、この繰り返されているコンテンツを通過できるようにする。一般的ではないユーザインタフェースの機能又はふるまいは、認知の障害のある利用者を困惑させてしまうことがある。

Motive Web Design Glossary で説明されているように、ナビゲーションには、主に 2 つの機能がある:

  • 利用者に自分がどこにいるのかを知らせる

  • 利用者が他のどこかへ行けるようにする

このガイドラインは、ガイドライン 1.3 と密接に連動しており、コンテンツのあらゆる構造を理解することを保証し、同様にナビゲーションの鍵となる。見出しは、利用者がコンテンツ内での自分の現在位置を確認して、ナビゲートしていく上で、特に重要なメカニズムである。支援技術の利用者の多くは、情報を流し読みするために適切な見出しを頼りにし、コンテンツの様々なセクションを容易に見つける。見出しに関して、達成基準 1.3.1 に適合することは、同時にガイドライン 2.4 にも部分的に対処していることになる。

ガイドライン 2.4 の参考にすべき達成方法 (特定の達成基準に特有ではない達成方法)

このガイドラインにある各達成基準を満たすための達成方法は、この後に達成基準ごとに挙げられている。しかし、このガイドラインに対処するための達成方法がどの達成基準にも該当しない場合は、ここで挙げている。そういった達成方法は、どの達成基準を満たす上でも必須ではないし、十分でもないが、ウェブコンテンツの種類によってはより多くの利用者にとってよりアクセシブルにすることができるものである。

  • 1 ページあたりのリンクの数を限定する (リンク追加予定)

  • ウェブページのコンテンツの異なるセクションにナビゲートするメカニズムを提供する (リンク追加予定)

  • 視覚的に異なるリンクを用いる (リンク追加予定)

  • 検索ワードをハイライト表示する (リンク追加予定)