WCAG 2.0 解説書

本文へジャンプ

-

小さな背景音、又は背景音なし:
達成基準 1.4.7 を理解する

1.4.7 小さな背景音、又は背景音なし: 収録済音声しか含まないコンテンツで、(1) 前景に主として発話を含み、(2) 音声CAPTCHA 又は音声ロゴではなく、かつ、(3) 例えば、歌やラップなどのように、主として音楽表現を意図した発声ではないものについては、次に挙げる事項のうち、少なくとも一つを満たしている: (レベル AAA)

  • 背景音なし: 音声は背景音を含まない。

  • 消音: 背景音を消すことができる。

  • 20デシベル: 背景音は、前景にある発話のコンテンツより少なくとも20デシベルは低い。ただし、継続時間が2秒以内で発生頻度が低い背景音は除く。

    注記: デシベルの定義によれば、この要件を満たす背景音は、前景にある発話のコンテンツの約4分の1の大きさになる。

この達成基準の意図

この達成基準の意図は、発話ではないあらゆる音が、音声の聞こえづらい利用者が発話を背景音又は前景にある不要な他の発話コンテンツと区別することができるようにすることである。

20 dB(デシベル)という値は、 Large area assistive listening systems (ALS): Review and recommendations [LAALS]と、In-the-ear measurements of interference in hearing aids from digital wireless telephones [HEARING-AID-INT] に基づいている。

達成基準 1.4.7 の具体的なメリット:

  • 音声の聞こえづらい利用者は、発話と背景音を区別しづらいことがしばしばある。

達成基準 1.4.7 の事例

(今のところ、文書化されていない)

関連リソース

リソースは、情報提供のみを目的としており、推奨を意味するものではない。

達成基準 1.4.7 の達成方法及び失敗例 - 小さな背景音、又は背景音なし

この節にある番号付きの各項目は、WCAG ワーキンググループがこの達成基準を満たすのに十分であると判断する達成方法、又は複数の達成方法の組み合わせを表している。しかしながら、必ずしもこれらの達成方法を用いる必要はない。その他の達成方法についての詳細は、WCAG 達成基準の達成方法を理解するの「その他の達成方法」を参照のこと。

1.4.7 でさらに対応が望まれる達成方法 (参考)

適合のために必須ではないが、コンテンツをよりアクセシブルにするために、次の追加の達成方法を検討することが望ましい。ただし、すべての状況において、すべての達成方法が使用可能、又は効果的であるとは限らない。

  • 前景音と背景音のレベルを独立して調節できる方法を提供する(リンク追加予定)

  • 発話より少なくとも20デシベル低い背景音を含む同期したメディアに対して、音声トラックを提供する(リンク追加予定)

達成基準 1.4.7 のよくある失敗例

以下に挙げるものは、WCAG ワーキンググループが達成基準 1.4.7 の失敗例とみなした、よくある間違いである。

(今のところ、文書化された失敗例はない)

重要な用語

CAPTCHA

コンピュータと人間とを判別する完全自動化されたチューリングテスト (Completely Automated Public Turing test to tell Computers and Humans Apart) の頭文字語。

注記 1: CAPTCHA のテストは多くの場合、利用者に対し、不明瞭な画像又は音声ファイルによって提示されたテキストを入力するよう求める。

注記 2: チューリングテストは、人間とコンピュータを区別することを目的としたテストの仕組みである。その名は、高名なコンピュータ科学者のアラン チューリングにちなんでいる。この用語は、カーネギーメロン大学の研究者たちによる造語である。[CAPTCHA]

収録済 (prerecorded)

ライブではない情報。

音声しか含まない (audio-only)

音声のみを含んだ、時間に依存する提示 (映像やインタラクションを含まない)。