WCAG 2.0 解説書

本文へジャンプ

キーボード操作可能:
ガイドライン 2.1 を理解する

ガイドライン 2.1: すべての機能をキーボードから利用できるようにすること。

ガイドライン 2.1 の意図

すべての機能がキーボードを用いて利用可能であれば、キーボードの利用者、(キーボード入力を生成する) 音声入力、(オンスクリーンキーボードを使用する) マウス、及び出力として疑似的な打けんを生成する様々な支援技術により、その機能を実現することができる。キーボード入力が時間に依存しない限り、柔軟性があり、広く一般にサポートされて、そして様々な障害のある人が操作可能な入力形態は他にはない。

汎用キーボードの入力を提供することは、他の入力方法をサポートしないという意味ではないことに留意すること。最適化された音声入力、最適化されたマウス/ポインタ入力などもまた有効である。重要な点は、キーボード入力及び制御を提供することである。

例えば、PDA 又は携帯電話のような機器の中には、もともとキーボードを搭載していないものもある。しかし、これらの機器にウェブ閲覧機能がある場合には、テキスト又は「打けん」を生成する何らかの手段があるはずである。このガイドラインでは、キーボード、キーボードエミュレータ、又はキーボード入力やテキスト入力を生成するその他のハードウェアもしくはソフトウェアで生成される打けんにより、ウェブコンテンツが制御される必要があることを認識するために、「キーボードインタフェース」という用語を用いている。

ガイドライン 2.1 の参考にすべき達成方法 (特定の達成基準に特有ではない達成方法)

このガイドラインにある各達成基準を満たすための達成方法は、この後に達成基準ごとに挙げられている。しかし、このガイドラインに対処するための達成方法がどの達成基準にも該当しない場合は、ここで挙げている。そういった達成方法は、どの達成基準を満たす上でも必須ではないし、十分でもないが、ウェブコンテンツの種類によってはより多くの利用者にとってよりアクセシブルにすることができるものである。

  • このガイドラインの参考にすべき達成方法はすべて、特定の達成基準に関係している。

このガイドラインの達成基準: