WCAG 2.0 解説書

本文へジャンプ

-

文字画像 (例外なし) :
達成基準 1.4.9 を理解する

1.4.9 文字画像 (例外なし) : 文字画像は、純粋な装飾に用いられているか、テキストの特定の表現が伝えようとする情報にとって必要不可欠である場合に用いられている。 (レベル AAA)

注記: ロゴタイプ (ロゴ又はブランド名の一部である文字) は必要不可欠なものであると考えられる。

この達成基準の意図

この達成基準の意図は、テキストの特定の視覚的な表現を必要とする利用者が、必要に応じてテキストの表現を整えられるようにすることである。テキストに、特定のフォントサイズ、前景色及び背景色、書体、行間、又は配置が必要な利用者がいる。

これは、テキストをその表現が変更できるように実装すること、又は利用者が代替の表現を選択できるメカニズムを提供することを意味する。画像化された文字を使用することは、すべての利用者がテキストの表現を変えることができない実装の一例である。

ある状況においては、文字の特定の視覚的な表現がその情報を伝える上で不可欠である。その特定の視覚的な表現でないと、その情報が損なわれてしまうことになる。そのような場合は、テキストを変更できるような方法で実装する必要はない。例えば、ある書体を紹介する際のようにテキストの特定の視覚的な様相を示す場合や、企業ロゴにある文字のようにアイデンティティを伝える文字などが挙げられる。

装飾を目的にした文字は、その表現を変更できるように実装する必要はない。

「画像化された文字」の定義には、「注記: これには、重要なその他の視覚的なコンテンツを含む画像の一部であるテキストは含まれない。」とある。そのような画像の事例としては、グラフ、スクリーンショットやダイアグラムなどが挙げられ、それらは文字以外のものを通じて重要な情報を視覚的に伝えているからである。

達成基準 1.4.9 の具体的なメリット:

  • ロービジョンの利用者 (コンテンツ制作者の指定した書体、サイズ、及び/又は色では、テキストが読みづらいことがある)

  • 視線移動に問題のある利用者 (コンテンツ制作者の指定した行間及び/又は配置では、テキストが読みづらいことがある)

  • 読字に影響を及ぼす認知の障害のある利用者

達成基準 1.4.9 の事例

関連リソース

リソースは、情報提供のみを目的としており、推奨を意味するものではない。

達成基準 1.4.9 の達成方法及び失敗例 - 文字画像 (例外なし)

この節にある番号付きの各項目は、WCAG ワーキンググループがこの達成基準を満たすのに十分であると判断する達成方法、又は複数の達成方法の組み合わせを表している。しかしながら、必ずしもこれらの達成方法を用いる必要はない。その他の達成方法についての詳細は、WCAG 達成基準の達成方法を理解するの「その他の達成方法」を参照のこと。

1.4.9 でさらに対応が望まれる達成方法 (参考)

適合のために必須ではないが、コンテンツをよりアクセシブルにするために、次の追加の達成方法を検討することが望ましい。ただし、すべての状況において、すべての達成方法が使用可能、又は効果的であるとは限らない。

非装飾コンテンツに関する一般的な達成方法

  • 画像化された文字サイズを変更するサーバーサイドスクリプトを用いる (リンク追加予定)

CSS の達成方法

達成基準 1.4.9 のよくある失敗例

以下に挙げるものは、WCAG ワーキンググループが達成基準 1.4.9 の失敗例とみなした、よくある間違いである。

(今のところ、文書化された失敗例はない)

重要な用語

テキスト (text)

プログラムによる解釈が可能な文字の並びで、自然言語で何かを表現しているもの。

必要不可欠 (essential)

もし取り除いてしまうと、コンテンツの情報あるいは機能を根本的に変えてしまい、かつ、適合する他の方法では情報及び機能を実現できない。

文字画像 (image of text)

特定の視覚的効果を得るために非テキスト形式 (例えば画像) でレンダリングされたテキスト。

注記: テキスト以外の部分が重要な視覚的コンテンツである場合、画像に含まれるテキストは該当しない。

事例: 写真に写っている人の名札にある人名。

純粋な装飾 (pure decoration)

見栄えのためだけのもので、情報は提供せず、機能性も備えていないもの。

注記: テキストが純粋な装飾といえるのは、単語を並べ替え、又は置き換えても意図が変わらないときだけである。

事例: 背景にとても淡い文字で単語がランダムに並んでいる辞書の表紙。