WCAG 2.0 解説書

本文へジャンプ

判別可能:
ガイドライン 1.4 を理解する

ガイドライン 1.4: コンテンツを、利用者にとって見やすく、聞きやすいものにすること。これには、前景と背景を区別することも含む。

ガイドライン 1.4 の意図

いくつかのガイドラインは、代替フォーマットで提示できる形式で情報を利用できるようにすることに焦点をあわせているが、このガイドラインは、デフォルトの提示を障害のある利用者にとってできる限り知覚しやすくすることに関心がある。利用者が前景の情報と背景とを区別しやすくすることに主な焦点を置いている。視覚による提示の場合は、これは背景の上に提示されている情報とその背景とのコントラストを十分に確保しているかどうかを確認することを意味する。音声による表現の場合は、これは前景音が背景音よりも十分に大きいかどうかを確認することを意味する。視覚及び聴覚に障害のある利用者は、前景と背景の情報を区別することがはるかに困難である。

ガイドライン 1.4 の参考にすべき達成方法 (特定の達成基準に特有ではない達成方法)

このガイドラインにある各達成基準を満たすための達成方法は、この後に達成基準ごとに挙げられている。しかし、このガイドラインに対処するための達成方法がどの達成基準にも該当しない場合は、ここで挙げている。そういった達成方法は、どの達成基準を満たす上でも必須ではないし、十分でもないが、ウェブコンテンツの種類によってはより多くの利用者にとってよりアクセシブルにすることができるものである。

  • 読みやすいフォントを用いる (リンク追加予定)

  • 画像化されたテキストが、少なくとも 14 ポイントであり、かつ十分なコントラストを持つか確認する (リンク追加予定)

  • キーボードのフォーカスを受けるとき、リンク又はコントロールが高度に可視のハイライトメカニズムを提供する (リンク追加予定)


このガイドラインの達成基準: